映画に感動!「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」8/26日本公開! ひとりの男の人生を救った奇跡の猫「ボブ」 | あらすじ | ジェームズさんからの心温まるメッセージ

今年の暑い夏をサマーカットなしで
乗りきったわが家の3ニャンズ=^・^=

モコちゃんとエポちゃん2枚並びErina Nekodaisuki32017-8-16-horz.jpg


こんにちは! もふもふ ペルシャ猫 3にゃ~んず
元気に過ごしてるニャン・ニャン♪

ママがニャンダフルな映画を観てきたニャン!=^・^=

ルネと3匹お帰りErina Nekodaisuki3-horz.jpg
にゃんだかんにゃで日が暮れて~♪
秋の匂いがクンクンするニャ~=^・・^=
ようこそ(^^)/ 
♡猫愛ヒマワリ館♡にお越しいただき
誠にありがとうございますニャン(=^・^=)

welcome-m.gif
☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆☆。・:*:・゚'★☆。・:*:・゚'★,。・:*:・
「Dear cat loving people!」
「Hello! Hello!」
↓1日1回ポチ応援励みになります。よろしくお願いします↓
にほんブログ村 猫ブログ ペルシャ猫へ   
■↓こっちもお願いします↓■
  

記事下のほうにご挨拶と他各種ランキングマラソンにも
参加してみました。
どうぞよろしくお願いいたします。

☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆☆。・:*:・゚'★☆。・:*:・゚'★,。・:*:・


ボブ.jpg
一匹の野良猫が
ひとりの男をどん底から救った奇跡の実話
ボブ
幸せのハイタッチ



待ちに待った
公開日初日、ワクワクしながら名古屋ミッドランドスクエアーで鑑賞しました。
子どもから大人まで多くの人で大賑わいだった!


映画館内ではボブの可愛いぬいぐるみがお出迎え(^^♪
統合3枚ミッドランド映画館内のボブと写真を撮ろうとクリアーファイル.jpg
上映記念のボブのクリアーファイルをゲット(^^♪


素晴らしい映画だった!
上映中は、もう一度ぜひ観に行きたい!




わたしは、「ボブ」の大ファン!
大スクリーンに登場している「ボブ」のこと

ジェームズさんのこと

これからも続くふたりの友情物語をずっと
温かく見守って応援していきたい=^_^=



一匹の野良猫が薬物依存の一人の人間を救った奇跡!

信じられないような奇跡の実話の友情物語



映画は本物の猫のボブが熱演していることがスゴすぎる! 🐱 拍手喝采!

ボブ.jpg
※映画.comより拝借

もともとの役者猫でないネコが、
これほどの演技ができることに感嘆!


ジェームズさんを演じた俳優のルーク・トレッダウェイさんの肩にぴょんと乗っている姿を見ると
ぴょんと乗ってもらうまでに、どのくらい予行練習したのかが、興味深々♪



猫が好きで、ネコに好かれないと、この役はとてもできないから、ジェームズさんがいつも寄り添い、懸命にボブに語りかけて、サポートし、ボブは、その期待に一心に応えたのだと思うととても愛しくなる!


猫が主役!人の心を温かくする熱演に

奇跡の感動を覚える!


スクリーンの中のボブは、実に生き生きとした表情で、
素晴らしい演技をしている!


傍らにはいつも最愛の飼い主、ジェームズさんが寄り添い、
サポートがあったからこそ

自分の使命がわかっているかのように最高の演技を
してくれたにちがいない!


「ボブ」という名の
ストリート・キャット


原作本「ボブという名のストリート・キャット」に
書かれているが
誰にでもセカンドチャンスは
めぐってくる!
という。

Erina(ルネとボブの本)2017-8-28Erina.jpg

ルネ「ボブの本の表紙の顔と似てるかにゃ?!」(笑)
愛読書と仲良く並んでくれて
こっちを見るルネちゃんがますます愛しい♪(*^-^*)



わたしは、長年のペットロスだった。
愛猫を失った悲しみにくれていた。


「同じ子は絶対にいない!・・・」
「こんなに辛いなら、もう二度と猫は飼わない!」


そう決心していたけれど・・・
ずっといてあたりまえだった愛猫が
もうそばにいないと思うと悲しくて辛くて
ずっと心はふさぎ込んだままだった・・。


「一生猫は飼わない!」と決めていたけれど、
 たまたま、偶然つけたテレビで
 2013年12月フジテレビ「奇跡体験!アンビリーバボー」
「奇跡を運ぶノラ猫★人生ドン底男とのキズナ」が放映され強烈な
衝撃を受けた。


一冊の本との出会いがもう一度猫を飼うきっかけに!



夢中になって読んだ!
「もう一度猫と暮らしてみたい。」
「猫と暮らすことが私の人生の幸せだ!」
そう心を切り替えることができ、ハッとする思いだった!


輝きモコとボブの本Erina.JPG
愛猫「モコちゃん」と「愛読書」(^^♪


この本に書いてあることで、なによりも心に響いたのは、
ジェームズさんが、毎日路上演奏に出かけるのに、
保護したボブがついてきてしまい、一緒にいただけ。
商売のために利用するつもりなど、まったくなかった。

「ボブはぼくの友だちであって、
金を稼ぐための道具ではない。」


動物に対しての深い慈愛に満ち溢れ、
とても心の美しい人だと思う。

ジェームズさんの「ボブ」に対する優しい思い!
いつもボブの身を案じて、行動を共にする。

ふたりは、人生のパートナーとして
信頼の絆で結ばれている。

この本を読むと
心から猫を愛する気持ちが痛いほど伝わってくる!


「無償の愛」の証こそ、見返りを期待しない。
心が純粋で綺麗で優しいジェームズさんだからこそ
猫の「ボブ」は、最大の「恩返し」をしたのだと思う。


ネコは、ジェームズさんを選んで
現れたのかもしれない。



ジェームズさんの「ボブ」シリーズ本の紹介



ボブの飼い主のジェームズ・ボーエンさんの出版本は、
世界30ヵ国以上で出版されて続編2冊とあわせ1,000万部以上の
世界的ベストセラーとなっている。



心に沁みる感動を覚えます。
猫好きな方にはぜひお薦めしたい「良書」です。
チャンスがあれば一度じっくり読んでみてください。




日本での発売は、2013年12月だった当時
この本を夢中になって読んだ。
震えるほど感動したことを今でも覚えている。

エポとボブの本Erina Nekodaisuki3.JPG
この本がもう一度、猫を飼いたいというきっかけになった。


読み終わった頃には、涙が出ていた。
本を読んで、涙が出たことに自分でも驚いてしまった。


エポちゃんとボブの本Erina Nekodaisuki3.JPG
愛猫「エポちゃん」と「ボブという名のストリート・キャット」



続編「ボクがくれた世界 ぼくらの小さな冒険」も併せて今でも私の大切な「愛読書」となっています。



映画のオリジナル・サウンドトラック!


実話が映画となったこと!
これもひとつの奇跡の出来事だと思いながら鑑賞した。
映画シーンでのサウンド・トラックも素晴らしかった! 
特に「ユー・ニード・ディス・イン・ユア・ライフ 」がお気に入り♪




猫好きにはたまらない
感動映画!


一匹の猫が世界中の人々に感動を与えている。
作品は実物猫のボブのことをとても思いやって
作られたことがよくわかる。


原作本「ボブという名のストリート・キャット」は、
活字を追いながら、想像してシーンを思い浮かべる。
イメージトレーニングにもなり脳の活性化には
とても良いのではないかと思う。


映画は、この本からイメージしたシーンを
思い浮かべていたこともあり、
期待に胸を躍らせながら鑑賞した。



映画を鑑賞し、目に飛び込んでくる強烈なインパクトの映像の数々、
視覚でとらえ、聴覚が冴え、体の底から感動をおぼえ、感涙した!


そっと泣いている人が、多かった。
皆、感動して泣いている!
この瞬間!皆と同じ気持ちを共有している気がした


現代は人は感動して泣くということは、あまりないような気がする。
2017年のナンバーワンの動物感動映画だと思う。


猫好きな人には、ぜひ観てほしい映画です。


イギリスで本当にあった話をもとにして作られた映画




イギリスで本当にあった話、
ボブという名の猫とホームレスの奇跡の友情物語
映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』

主役はもちろん本物猫の「ボブ」
(アップ画像はすべてボブ、他、代役猫が7匹いたもよう)
ジェームスさんを演じたのは、
「ルーク・トレッダウェイ」

ボブとジェームズさんとルークとルタ.png
※提供元bobthecat

薬物中毒治療を献身的にサポートするヴァルの役は
「ジョアンヌ・フロガット」

辛い過去を持つガールフレンドベティ役は
「ルタ・ゲドミンタス」


映画上映記念にジェームズさんとボブが来日


映画の上映が開始されることを記念して、
原作者の「ジェームズ・ボーエン」さんと愛猫の「ボブ」が来日。

ボブ1bobthecat.jpghttp://bobthecat.jp/より拝借


ジェームズさんは、インタビューで、

「ボブは、親友であり、師であり、ソウルメイト
”ぼくの人生をこんなに変えてくれてありがとう”
と毎日伝えています。」


「ボブと出会ったのは2007年、
一緒に暮らすようになって11年になります。
共に生きる一日一日を大切にしたいです。」

と語った言葉がとても温かい。





奇跡のような出会いと人生を重ねていることについて
ジェームズさんは、


「世界中の方々からサポート、愛を返していただきました。」


「3冊の原作を読んでくださったことがきっかけで、
社会的にこんなにインパクトがあったことが驚きです。」


「本を読んでくださった方、映画を観てくださった方、
みんなに心からお礼を言いたいです。」


と感謝の言葉を述べた。


映画のタイトル「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」
”ハイタッチ”が得意なボブくん。

ボブとジェームズさんハイタッチ.jpg
                    ※MOVIE Collectionより拝借

ボブとジェームズさんの
「はい!決まり!」=「ハイタッチ」シーンは最高に可愛い!


人々の目を惹きつける
独特の雰囲気を持つ美しい猫「ボブ」
世界中の人々を勇気づけ、温かい気持ちにさせる!


なんて聡明な猫なのだろう!
間違いなく特別な何かを持っている。



常識では考えられない出来事を人は「奇跡」と呼ぶ。
きっと奇跡を起こす特殊能力を授かった猫に違いない!



この映画は、ひとりの人間と猫の出会いを通した感動
ヒューマンドキュメントでもある。


実際に映画の巨大スクリーンで観ると、
音響効果も映像迫力も臨場感がまったく違う。


「ボブ」の
あまりにも神々しく、凛々しい姿


すべて見透かしているかのような
宝石のような美しい緑色の目でジッと見つめるボブ


その強烈な目力👀は
eye power=愛(あい)パワーそのもの。


凛々しいボブの姿に
「ほんとうに猫なの?!」とさえ思う。



ほんとうに猫なのか?!姿は猫でありながら
ボブは、次元の高い魂の持ち主なのかもしれない。


「ボブという名のストリート・ キャットあらすじ


イギリスのロンドン、売れないストリート・ミュージシャン
当時、20代後半のジェームズ・ボーエンさんは、
夢に破れ、ドン底の生活を送っていた。


3歳の時に両親が離婚。
その後、家族とは絶縁状態で、友人もほとんどいなかった。



その日その日を生き抜くことに精いっぱいで
孤独感から薬物依存となり、
ヘロイン中毒治療を受けながら、
その日暮らしで最悪の人生をおくっていた。



来る日も来る日も朝から晩まで
ギターを片手に路上で演奏を続けていたが、
入る日銭は3000円がやっと・・。


生活に貧窮し、夢も目的もなく失意のどん底だった。


ケガをした猫との
運命の出会い


そんなとき、
一匹の傷を負った猫が
突然フラッとジェームズさんのアパートの前に現れた。


あくる日もこの猫は、ジェームズさんの
アパートの前にきてずっとうずくまっていた。

猫は傷を負っていた。


心に傷を負っている自分とが急にダブってみえた。


猫は、もともと好きではあったが、
飼えるはずもなく飼い主を捜し回ったが、
とうとう見つけることはできなかった。


傷を負っている猫を見て
いてもたってもいられず、
病院へ連れていき、なけなしのお金で
治療代金を払った。


自分のことなどすっかり忘れて
猫の怪我を治してあげたい一心だった。



傷が治るまで2週間を猫と過ごし、
回復したところで、飼う余裕などない。


途方にくれて、
しかたなく猫を数キロ離れた公園に連れていき、
置いていった。



ところが!


帰宅してみると、
驚いたことに、猫は公園からアパートまで
戻ってきていたのである。


「どうしてもそばにいたい!
キミのそばにいてキミを守りたい!

そばにいてあげないとキミは、ダメになる!」


猫はそう思ったのかもしれない。



猫の名前を『ボブ』と
名付けた!



決心してふたりは一緒に暮らし始めた。
ジェームズさんは、ノラ猫の名前を
大好きな「ツイン・ピークス」に出てくる
キラー・ボブに似ていることから『ボブ』と名付けた。


大都会の孤独に生きるふたりにとって、
お互いにはじめてできた友達だった。


ここから二人の人生は大きく変わっていく!


傷ついた猫のボブを全財産を使って
救ったジェームズさん


しかし!

実は助けられたのは、彼のほうだった!


猫の『ボブ』が恩返し


今までは、食べていくために路上で演奏するも
何時間演奏しても見向きもされなかったが、


ボブが一緒についてきてしまい、ボブを連れてストリートで演奏したところ、


猫のボブが人々を引き寄せ、普段の3倍の収入になった。


ボブがついてきてしまうので、
これを機にジェームズさんは、毎日ボブと行動を共にする。


バスに乗るのも一緒、片時もそばを離れることはなかった。



ストリートの路上で演奏するジェームズさんの傍らでチョコンと座り、
ジッと町行く人々を見つめているボブ。



ボブの愛らしさ、可愛らしさ、不思議な魅力に吸い寄せられ、
多くの人が足を止めてくれるようになった。



『ストリート・キャット ボブ』のおかげで、
常連客もつくようになった。


ボブはお客さんを招いて恩返しをした。


すべては、相棒『ボブ』のために


その後、ジェームズさんは、
ボブのために「薬物依存から抜け出そう!」と固く決意!


薬物に侵された体と脳というのは、凄まじく、
幻聴や幻覚、体の中を虫が這いずり
回っているような不快感、苦痛に耐え続けた。


傍らでずっとボブは見守っていた。


そして
48時間の地獄のような禁断症状を
ふたりで切り抜けた。


ボブのおかげで、
ジェームズさんは、苦しみ続けた薬物依存から
ようやく抜け出すことができた。


どん底からの大逆転!     路上から世界へ

ある日、
偶然にも路上で雑誌を売るジェームズさんとボブの様子が
編集者の目に留まった。


この事がふたりの運命を大きく好転させた!


ジェームズさんとボブの深い絆で結ばれた友情物語
「ボブという名のストリートキャット」
という本が出版されたのである。


この本は、またたく間に
イギリスで80万部の大ヒットを記録した!


まさにドン底からの奇跡の大逆転だった。


全英で150万部を超える大ベストセラーとなり、
世界30か国以上で翻訳出版され、続編2冊とあわせて
1,000万部以上の売上を記録、大躍進を続け、
世界中の人々を勇気づけている。


ボブは世界一有名な猫に!


世界中で有名になっても、ジェームズさんは、
天からの使命で動いているのかもしれない。


『ボブという名のストリートキャット』の出版で
ジェームズさんは、多額の印税を手にした。


しかし、
突然入った大金を前にしても、
けっして舞い上がって浮かれることもなく


「お金はボブと暮らしていけるだけあれば十分だよ。
 これからは、人を支えていけるような生き方をしたいね。」


と言って印税の殆どを捨てられた犬や猫を救済する基金に寄付。



現在は本の印税で、ボブとの大切な暮らしのために家を購入し、慈善事業家として
動物保護やホームレス団体に寄付したり
チャリティの広報活動、等で多忙な日々を送っているそうです。


「ボブ」にいつも感謝!    ありがとう!


猫に感謝し、徳を積む生き方は、
『ボブ』が教えてくれているのかもしれない。


嘘偽りのない生き方、誤魔化さない生き方、純粋な生き方が
人々に感動を与えているのではないだろうか。


人は、自分の意思で動いているようで、天から動かされているのかもしれない!
この映画には実にたくさんのメッセージ性が詰まっていると感じる。


世の中には「奇跡」というものは、本当にあるし、起こるものだということ。
この世に、もしかして猫のボブがジェームズさんを選んで現れたのかもしれない。


「運命」や「縁」「出会い」というものは、
 けっして人間同士だけとは限らない!
ということを教えてくれている。


ぼくたちは、
いつも一緒だ!


『ボブ』はいつもジェームズさんと一緒。


単なる飼い主とペットという関係を超えて、人生のパートナーとして
生きる二人の姿は、それ自体ひとつの奇跡とさえいえる!


お互いに寄り添い、助け合う、友達、最高の家族である。


ふたりの友情物語に

世界中が感動し、生きることの大切さ、健康のありがたさ、

愛すること、幸せとは何か

ということを考えさせてくれる。


★メッセージ★
誰でも
セカンドチャンスは
めぐってくる!


『ボブ』は、ぼくの「救世主」でもある。
そしてテレパシーで心は完全に通じ合っている。


『ボブ』は、ぼくの気持ちを読み取り、その通りに行動する。


前世ではお互いに知っていたのではないかと思う時がある。
不思議なほどぼくたちは、すぐに深い絆で結ばれたのだから。


ふたりはディック・ウィティンと彼の猫の生まれ変わり
なのではないか
と言われたことがある。


童話の『ディック・ウィティトンとねこ』の中では、
貧しかったディックは猫のおかげで金持ちになり、恋も成就する。


ただし、ディック・ウィティトンが生まれ変わったのは
『ボブ』のほうで、ぼくはその友達だ。


そうに決まっている。


十四世紀から十五世紀に実在し、四度もロンドン市長を務めた
ディック・ウィティトンは、今でもロンドン子に
愛されつづけているのだから。


そんな風に『ボブ』のことを考えると楽しくなる。


『ボブ』はぼくの親友で、
ぼくの人生をちがう方向へもちろん、いい方向へ導いたくれた。


それなのに、
何ひとつ特別なお返しをねだることはない。


ただ、
ぼくにちゃんと面倒を見てほしいと思っているだけだ。
言うまでもなく、ぼくはそうしている。



これから先の道のりも決して平坦なものではない。
あちこちで問題にぶつかるだろう。



仕事場はロンドンの街角なのだから、楽にはいかない。
けれども、『ボブ』がいるかぎり、何が起きてもだいじょうぶだ。



誰でも幸運は訪れるし、
かならずセカンドチャンスがめぐってくる。

ぼくとボブが手にしたように。   ※「ボブという名のストリート・キャット」より抜粋




ボブの本と出会い、

今の3匹のネコと出会ったこと、一緒に暮らせることに

日々感謝して過ごしています。


♡ジェームズさんとボブに最高の感謝♡


最後までお読みいただきありがとうございます。

可愛いネコちゃんと

一日一日を大切にお過ごしください。

Good Luck& See you!


☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆☆。・:*:・゚'★☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★☆。・:*:・゚'★☆


 【今日のニャンコのことわざ&慣用句】
☆猫に九生(ねこにきゅうしょう)☆
=「猫には9つの命がある」猫は9回も生まれ変わることができる。
それほど猫はたくましいという意味。

「9」という数字は、古代エジプト人は「猫を神様」として崇拝し
「神聖な数字」と考えていたことからきている。

一般的には、猫は9回も生まれ変わることから、大変執念深い
といわれています。

cat019.gif
お読みいただきありがとうございます!よろしくお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ ペルシャ猫へ


☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆☆。・:*:・゚'★☆。・:*:・゚'★,。☆。・:*




☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆☆。・:*:・゚'★☆。・:*:・゚'★,。☆。・:*



モコモデル6枚スライドショー201×196GIF.gif

幅600モコモデルプレイアーデンキャプチャ.JPG

☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆☆。・:*:・゚'★☆。・:*:・゚'★,。☆。・:*








↓ ↓ ↓ 猫ばかレベルテストできるにゃ! レッツトライ(=^・^=) ↓ ↓ ↓


↓ ↓ ↓ 猫IQテストだにゃ! レッツトライ(=^・^=) ↓ ↓ ↓




ペットとの生活を4コマ漫画で描くほのぼの空間(*˘︶˘*).。.:*♡

なぎささんがペットと共に暮らす生活の中のちょっとした
面白エピソードなどを4コママンガで届けています♪ 
ちょっと、疲れた時の特効薬にどうぞ=^_^=

↓ ↓ ↓ クリックするとマンガが読めます ↓ ↓ ↓




ねこ啓発【ねこ-けいはつ】

ねこと暮らすと、人の潜在的な能力が自然と引き出され
精神面でも成長できます。

なんと!「3つのメリット」
意識せずに自然と身についてきます。


1.心も身体も健康になり、自信がつき、人生が好転していきます。
2.ねこに感謝する気持ちが生まれ、よりよい関係が
  築けるようになっていきます。
3.ねこの素晴らしさを伝える力が増し、
  周りに幸せな人とねこが増えます。



最新刊【コミックエッセイ 猫が教えてくれたこと】
*****************************************************************
あなたに会えてよかった!
感動で涙が止まらない人が続出!
子どもから大人まで!
愛情、思いやり、そして懸命に生きることの
大切さを教えてくれた猫の、本当にあった6つの物語。
*****************************************************************



可愛いペットの急な病気に備えて


ペット保険一括見積もり





ブロトピ:ブログ更新しました!♡今日の愛猫日記♡
♡ブログサークルネコリンクだにゃ!(=^・^=)
楽しい写真マンガ&イラスト「猫ケ洞池本舗」
ほっこり癒される!「おーいネコさーんこっち向いて~」
楽しいニャンズ達!「 ニャ菓子製菓」
可愛い4ニャンズ「 娘と猫とお気軽生活」
楽しいお散歩!「ラムネときなこのキャッツな日常」
ブロトピ:可愛いネコちゃんの記事を投稿しました
ブロトピ:今日のペット日記
ブロトピ:ブログ見てね
ブロトピ:ブログ更新しましたにゃ♪
ブロトピ:♫ブログ更新しました♫
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新しました

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。
同じ趣味の仲間とつながろう!


ネコちゃんと幸せに暮らすお役立ち情報

↓クリックで参考にしてくださいね。↓

                      
  


💕ねこの気持ちを思いやれるようになれば
他人の気持ちも大切にするようになって社会はもっと優しく
なれるはず!

ねこのきもちをもっとわかってあげたいね!

ヒトと愛猫の生活情報誌「ねこのきもち」
























ペットと暮らす理想の住まい!見つけませんか!


大人気!スマホアプリでかんたん操作「カリカリマシーンSP」
カメラ&会話機能付きで愛猫・愛犬と話せる自動給餌器!
忙しい飼い主さんに朗報!急な残業やお誘いでも安心!
会社や外出先からペットにスマホでごはん!
↓ 詳しくはこちらの動画をご覧ください! ※音量調節願います






☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆☆。・:*:・゚'★☆。・:*:・゚'★,。☆。・:*

※このブログをご覧いただいているあなた様へ
猫ちゃん達との暮らしを楽しみながら、ゆるりと更新していますが、
頑張って続けてまいりたいと思っています。
ご理解、ご協力の程、お願い申し上げます。
あなた様の応援が何よりも大きな励みになっております!
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。~感謝を込めて~


各種ランキングマラソン参加してみました=^・・^=
♡♡今、何位? 1日,1回 こちらも応援感謝申し上げます♡♡
猫とパソコンイラスト幅100×111toraneko03_a_02.png
↓ 更新活力いただき、ありがとうございます(*_ _)


  ペットの森 - ペットブログランキング ブログの殿堂 blogramによるブログ分析

このエントリーをはてなブックマークに追加  

にほんブログ村テーマ 猫と暮らすへ
猫と暮らす にほんブログ村テーマ ペットだって家族の一員へ
ペットだって家族の一員



モコ見つめるシャボン玉336×241.JPG

♡♡♡またきてねー♪(=^・^=)♡♡♡

☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆☆。・:*:・゚'★☆。・:*:・゚'★,。☆。・:*

【回覧版】
★人間関係相関図★ 何がどうなったか?図案化でわかりやすく!
人間洞察力を鍛える!「敵は味方のフリをする!」
人は生きている上で、人間関係の悩みはつきないもの。
モラハラ、パワハラなどの職場での人付き合い、ママ友
友人関係の悩み等。

↓ 匿名、完全非公開


 
もつれた糸がほぐしやすくなり、どこに原因があり、
どう対処すればよいか見えてきます。


只今、別ブログを
立上げ準備中♪



白いボンボン猫じゃらしが大好きなモコちゃんです♪

モコじゃらしシャボン玉17221.JPG








Neko